福山市のお墓・墓地の一覧情報

50 件中 31~50件表示

福山市の霊園事情

福山市でのお墓探しのヒント

福山市の霊園情報イメージ

福山市は広島県の東部に位置し、瀬戸内海に面した中核都市です。江戸時代に「福山藩」としてはじまったこの地域は、当時から開発事業を積極的におこなっていた気風もあり、現在でも企業の研究開発拠点が数多く立ち並びます。そんな福山市には、瀬戸内海の経済や文化の要衝として、約47万人の人々が暮らしています。

経済都市、工業都市、交通の要衝など、様々な顔を持つ福山市ですが、近代的な発展を続けてきただけでなく、その街並みには江戸時代の繁栄の面影を残していることでも知られています。新幹線からみえる福山城をはじめ、江戸情緒あふれる港町として観光客にも人気の鞆の浦では、仙酔島や弁天島などの島々を望む名勝を楽しむことができます。鞆の浦は映画のロケ地としても話題になることが多く、その街並みを目にしたことのある人も多いのではないでしょうか。

そんな、近代的な風景と江戸時代の面影の両方を持つ福山市のお墓事情はどうなっているのでしょうか。ここでは、福山市の史跡のお話と合わせて紹介していきます。

全国と比べると高めのお墓相場

まずは福山市のある広島県の一般墓の相場についてみていきましょう。広島県で一般的なお墓を建てようと思った場合、相場はどのようになっているのでしょうか。

広島県における一般墓の価格については約53万円が相場となっており、全国の中央値が約40万円ですから、16万円ほど広島県の方が高くなっていることが分かります。お墓を建てる際に必要な土地に関しては約60万円が相場で、全国の中央値が約34万円なので、こちらも26万円ほど高い相場となっています。

次に、隣県の相場と比べてみましょう。お隣の岡山県は、一般墓と一般墓用の土地の相場はどちらも約38万円となっています。岡山県と比べた場合、広島県の相場はかなり高めであるということが分かります。

広島県の相場に照らし合わせてみると、福山市でお墓を建てる際の費用が想像しやすいのではないでしょうか。お隣の岡山県や全国の中央値と比べてみると、高めの相場となっている広島県なので、福山市でもやはりそれくらいの費用を用意しておいたほうが安心かもしれません。高いな、と感じた方は今からでもお墓の情報を集めておくと、安価なお墓と出会える可能性があるかもしれません。

増え方に差がある死者数と墓地数

福山市の死亡者数と墓地数の推移グラフ 厚生労働省『人口動態調査』『衛生行政報告例』より「いいお墓」作成

ここでは福山市の死者数と墓地数についてみていきましょう。

まずはじめに福山市の死者数ですが、市の発表している人口統計をみてみると、2005年の年間死亡者数は3,468人で、2010年になると4,000人を超えて4,137人となっています。その後も右肩上がりで増加し続ける死者数は2017年には4,913人にまで増加し、5,000人に迫る勢いとなっています。全国的に高齢社会となっていることもあり、福山市でもその傾向がみられます。そのため、これからも死者数は減少することなく増加の一途をたどるだろうと予想されます。

次に福山市内にある墓地の数をみていきましょう。福山市内にある墓地の数は2000年の時点では5,248ヵ所でしたが、2005年になると爆発的に増加して8,125ヵ所にまで増えています。短期間でここまで急激な増加をみせたのは2000年から2005年の間だけですが、それでも2010年、2015年と緩やかに墓地の数は増えています。2017年には減少しているのが気になりますが、劇的に減少しているわけではないので、今後また増加することも考えられます。

今のことろ墓地の数に対して死者の数が上回り、墓地が足りなくなっているという状態には陥っていません。しかし、死者数の増え方と墓地数の増え方には差があるため、今後はどうなるか分からないことも確かです。まだ大丈夫と構えているうちに希望の霊園がなくなってしまっていた、という事態を避けるためにも、お墓の数が十分に確保されているうちからお墓について情報を集めて準備しておくのも良いのではないでしょうか。

福山市のお墓は市街地周辺に集中する傾向。けれどアクセスは要確認

福山市の主な墓地マップ

福山市の地図をみてみると、福山市のお墓は市内に点在する傾向があることが分かります。

福山市は南北に縦に長い地形で、北部は吉備高原の山間に、南部は瀬戸内海に面した平野部に市街地が広がっています。そのため、市内に点在するとはいえ福山市のお墓は市街地周辺に集まっている傾向がみられ、そこから離れた山奥や沿岸部にある墓地というのはあまりみられません。主な移動手段としては、自動車はもちろん、電車やバスなどが挙げられます。

自動車を使ってお墓参りをする場合、幹線道路が港湾部から山間部まで広く通っているため、市内を回るのに便利です。電車を利用する場合にはJR線の他に井原鉄道という路線が通っており、こちらも市内を十分カバーすることができます。ただし、やはり駅から駅の移動には便利でも、駅から墓地となると少し歩く可能性もあるので、電車だけの移動ではなく、バスやタクシーなどの交通手段も考えた方が良いかもしれません。

福山市にお盆休みなどを利用してお墓参りをした人の中には、帰途につく前に福山名物を手に取りたいと思う方もいるのではないでしょうか。福山は、瀬戸内海に面していることもあって豊富な海の幸を使った名産品が多くあります。とくにかまぼこは名店が多く、お土産として人気です。最近では、福山市にある珍味メーカーが手掛けた「ちーいか天ぷら」という小さいイカを使った珍味が密かな話題となっています。市内には「おみやげ街道福山」など、たくさんのお土産屋さんがありますので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

国内でも類のない珍しい古墳

福山市には福山城や鞆の浦の常夜灯など、さまざまな観光スポットがあります。あまり知られていませんが、福山市には数多くの古墳が立ち並んでおり、古墳ロードという市内の古墳を巡る観光コースも整備されています。

福山市にある古墳からは貴重な遺物が出土することがありますが、構造自体にも貴重な特徴を持った古墳もあります。市内にある尾市古墳は、十字塚と呼ばれる形の7世紀後半の古墳です。何が他の古墳と違うのかというと、その内部構造です。通常の古墳では遺体を安置するための玄室に続く羨道は一本道ですが、この尾市古墳は十字構造になっているばかりでなく、花崗岩という石材が使われているのです。日本国内で他に類のないこの古墳には、日本各地から熱心な古墳ファンが足を運び、古代のロマンに沸き立っている姿も珍しくありません。

古代から、貴人のお墓というものは非常に壮大かつ、絢爛で凝ったものが多いことは周知の事実でしょう。この古墳を考えた人々も、何かしらの思いを込めて特異な構造や素材を用いたのかもしれません。もし、お墓を建てるとなった際は、立地だけでなくその素材にもこだわってみるのも良いのではないでしょうか。

福山市の霊園・墓地に関するよくある質問

福山市でおすすめのお墓はどこですか?

おすすめのお墓は伊勢丘メモリアルガーデンSoleil,太陽の塔桜ヶ丘・コスモガーデン桜ヶ丘,第2駅家メモリアルガーデンSoleil 樹木葬さくらの杜,専光寺 長陽ケ丘墓苑です。 詳細はこちらをご確認ください。

福山市の周辺には霊園がいくつありますか?

福山市の周辺にある霊園は50件です。 詳細はこちらをご確認ください。

福山市にある霊園に関してご相談はできますか?

電話でのご相談が可能です。0120-969-148にお電話ください。

サイト利用の注意事項

※担当者が現地に常時待機しているわけではございません。 【霊園に直接行かれたい場合】は「お客様センター(0120-969-148)」まであらかじめご連絡ください。 ※資料請求・見学予約・ご相談はすべて「無料」です。 本サイト下部に掲載されている利用規約及びプライバシーポリシーにご同意いただいたうえで、お申込みください。
※一度の資料請求が15件を超える場合は、絞り込みさせていただくことがございます。
※ご希望の霊園・墓地所在地が、お住まいより遠方にある場合には、確認のご連絡をさせていただくことがございます。
※資料は霊園または提携石材店よりお届けいたします。複数の霊園・墓地にて資料請求された場合、数社からご連絡がいくことがございます。
※運営主体・寺院の事情等により、インターネット上に掲載できない霊園・墓地もございます。 掲載されている霊園・墓地以外の情報をお知りになりたい方は、インターネット相談・問い合わせ またはお電話にてお問い合わせください。
※このサイトでは、各霊園・提携石材店から申告された情報を元に各種掲載を行っております。 十分に確認を行った上で掲載しておりますが、情報の正確性その他の掲載内容を弊社が保証するものではありません。 例えば、空き区画の状況は日々変動があり得るほか、価格改訂等により掲載情報が現状とは異なっている場合もございます。 資料請求等にあたりましては、当該霊園・提携石材店が独自にサイトを有する場合にはそのサイトをご確認いただいたり、またこのサイトの利用規約をご確認の上でのご利用をよろしくお願いいたします。
※弊社では、各霊園・提携石材店ページで掲載している内容やその現状、各霊園・提携石材店が独自に行っているキャンペーン等についてお答えしかねる場合がございます。予めご了承ください。
※掲載されている情報に関して、事実と異なる情報、誤解を招く表記などお気づきの点がございましたら、霊園墓地のサイト掲載情報までご連絡願います。